彫刻であり、風景である

ラグジュアリーであり、ポップである

寄り添いながらも、そっぽを向いている

​​幾何学で成りたち、現象を呼び込む

​私たちはそのような空間と建築のデザインを以て

ソリューションと世界観を提示します。

 

©  TAKU NISHIKAWA HARUKA HIRATA ARCHITECTURE OFFICE